【開発】Objective-C でコンパイル通ったw

今日は、詳解Objective-Cの超基本的なクラスと、それを動かすmain()を実装したソースコードを写経して、ccでコンパイルしてみました。
で、a.outはできるんだけど、Segmentation fault とかぬかすんですよ。
まじめにコンパイルオプションで -Wall とかつけてコンパイルしてみました。
すると…

volume.m: In function ‘-[Volume initWithMin:max:step:]’:
volume.m:25: warning: control reaches end of non-void function

こんなのが出ました。
うーん(?_?);; さっぱりわかんなかったんですけど、コンストラクタで selfをreturnしてませんでした。orz
Objective-Cのコンストラクタって、ちゃんと自分でselfをreturnしないといけないんだなぁ。
あと、そーそー、Windowsノリで printf文で \n 書いたら、Macでは実効時にそのまま表示されてガクゼンとしました。[option]+[]でバッククォート を入力しないとだめなのね。これはソースが綺麗で良いかも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中