【開発】サンプルのWebブラウザが動いた

じわじわとxcodeでサンプルを入力しているわけですが…
グラフィックにテキストボックスをInterfaceBuilderで重ねてノンコーディングで表示できた!!と喜んだ次のサンプルは、Webブラウザ部品とテキストボックス、ボタンを使ったWebブラウザもどきです。
まずInterfaceBuilderで部品を配置して、「ビルドと実行」をxcode上でやってみましたけど iPhoneシミュレーターでは真っ白で何も出ませんでした。ウンウン悩んでGoogle先生に聞いたりしていたのですが….
なんのことはない、InterfaceBuilderとxcodeは別プログラムなので、ちゃんとInterfaceBuilder上で File>Save しなとダメだったってだけ。 … orz
で、そのあと書籍の手順に従って ボタンとWebViewをマウスで関連づけたり、TextBoxに入れたURLを渡すコードを写経したりして動きました!!
ブラウザというにはまだまだで、最初のページのURLを入れるととこに飛びますけど、現在のURLがTextBoxに表示されないので、最初にGoogleさんとか出して、検索した結果のページに飛んでも TextBoxは http://www.google.comのままになっていたりします。奥が深い。
http:// とか省略しても動かないしエラーも出ないしね。あ゛ー。なかなかたいへんなものだなぁ。
InterfaceBuilderの方で用意してくれるインスタンスとの連携とか、xcode側のメソッドをInterfaceBuilderに見えるようにするお手前とか、けっこうめんどくさいですね。まだ自分で一からやれっって言われると分かんないです。
iPhoneシミュレーター
で、xcodeですけど、SCMとも連携はできるみたいでちゃんとsvnとかに保存できるみたい。
おうちSubversionというかTracLightningを準備すべきだなぁと思いました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中