自炊再開(2) コミックとか…

自分の中で引っ越してきて以来 懸案となっていたコミックの自炊にチャレンジしました。
結論としては、スキャナ付属ソフトの「おまかせ」設定が一番奇麗だったという感じなので楽しくないのですがw
手順をまとめると…
まずバラバラに裁断します。
カバーは2つに裁断して、中表紙も剥がしてから半分に切ります。剥がすときは表紙、裏表紙を一度につまんでえいっと剥がす例の技です。
中身も60ページづつぐらいローラーカッターで背中を5mmづつきります。これでだいたいバラバラになりました。
dsc01647.jpg
つづいてスキャンですが、設定は「おまかせ」の300dpiでスキャンしました。カバーと中表紙はカラー、中身はグレースケールです。どちらも300dpi。200dpiだとスクリーントーンとかがシマシマになりがちでちょっと悲しかったというのが理由です。400dpiだとより良いのですが、DR-150ではスキャンスピードが超遅いので実用ではありませんでした。
本体は20枚ずつスキャナ DR-150へセットします。紙がそこそこ固いので25枚とかだとスキャナの吸引が苦しそうでした。セットする前に裁断した側が糊でくっついていないか確認した方が後の処置が無くてグーwです。
dsc01646.jpg
20枚なので40ページスキャン完了をもって重送ナシと判断できるので、ストレスフリーです。w
ちなみにスキャナはThinkpad T61につないでMacからRDP(リモートデスクトップ)でつないで操作中。これで場所も節約、キーボードも1つ。みたいな…
スキャン後は、2ファイルに分かれたPDFをMac OS X付属の「プレビュー」を使って編集して1ファイルにします。ページの順番なども入れ替え可能なので重宝してます。WindowsだとAcrobat製品版か、それなりのフリーソフトが必要の模様です。
で、スキャンした結果をiPadへ送ります。私はCloudReader愛用者なので、USB経由か http経由で無線LANで飛ばします。ページがちゃんとなっているか確認するために読み始めたんですけど、ついつい全部読んでいる私でした。すきゃんしているコミックは最終巻まで買ってないのだがなぁ…欲しくなるなぁ。古本屋にあるかなぁ..

広告

PICマイコンの基礎(3) ~ 部品届きました ~

秋月電子通商から部品が届きました。
ちょっと日中 留守にしていたんで、夜間配達時間を指定したにもかわらず、不在票が入っていたんですが….
夜間配達ぎりぎりの時間に再配達してくれました。運送屋さんありがとうです!!
中には細かい部品がいっぱいで、表面実装のICやチップコンデンサを見てすでに心が折れそうなわたしであるわけですが…ぼちぼちと組み立てて行こうと思います。
まずは、ICピッチのユニバーサル基板をどこにしまったかなぁ。w あ゛ー。
dsc01645.jpg

ライラックまつり 2011と 世界の山ちゃん

今日 5/25から週末の土日まで、大通公園でライラックまつりのようです。
今年は寒いので、ライラックもいまいちですね。
dsc01640.jpg
まだ遅咲きの桜が咲いていました。
種類によるのかなぁ、満開って感じ。こちらの方が存在感ありますね。^^);;;
dsc01641.jpg
dsc01642.jpg
花よりダンゴっつーことで、世界の山ちゃんへ家族で行きました。
なんか、札幌本店はいつのまにか無くなっちゃって、スガイの隣しかないんですね。ちょっと寂しげ。
でも、相変わらず 手羽先は旨かっただすよー。
dsc01644.jpg

自炊再開

しばらく頓挫していた自炊(w を再開しました。iPad2も買ったことだし、手元の雑誌をやっつけたいと思ったのであります。
前回は、PDF化までこぎつけたものの、iPod touchではPDFを閲覧するのにかなり無理があると思い知り、気力が萎えてしまっていたというのが実情だったわけであります。
以下、私の自炊の手順です。使ったのは、カール事務器 ディスクカッター DC-210NとCanon imageFORMULA DR-150であります。
いずれもだいぶ前に(もう一年かのぉ)導入済み。最近は、買い物のレシートスキャナとしてしか活用してなかったけども。orz
dsc01638.jpg
まずは、ターゲットとなる雑誌を裁断します。
今回は、手元にあったWEB+DB PRESS Vol.60とVol.61。背面がのり付けされた雑誌なので、3部ぐらいに切り分けて ディスクカッターで裁断します。
まず、表紙を剥ぎます。写真は撮ってないですけど、表表紙、裏表紙をまとめてつまんで雑誌本体をつかんで引っ張るとあっさり剥げます。
本体を3部に切り分けるのは、普通のカッターとカッティングマットを使用。雑誌を開いて軽く数回カッターで切るとのり付け部分からバラすことができます。
ディスクカッターは30~40枚程度は楽勝で切れるのでらくちんです。普通のカッターで糊づけ部分を切り取っていた時代は奇麗に切れなくてタイヘンでした。糊が若干はみ出してきていることもあるので5mm程度 切り取ってしまいます。写真は切り取ったあとのもの。
dsc01639.jpg
つづいてスキャニングです。以前もスキャニングしたと思いますが、すでにどんな設定で読み込んだかは忘却の花園です。
300dpi のフルカラーでスキャンしたような気がします。iPod touchだとその設定ではPDFビューアーが悲鳴を上げてしまうので、止むなく150dpiとかの解像度のPDFを別に作ったりしていました。orz
iPad2はCPUも強化されたせいか、300dpiでもすぃすぃと閲覧できます。ただ、300dpiではiPadの解像度を遥かに凌駕しているため、ページ全体を表示すると縮小されて汚くつぶれて表示されてしまいました。
☆これは、CloudReaderを作った中島さんもBLOGで言ってました。150dpi程度でOKと。ただ、150dpiだとDR-150はピンぼけしてしまってちょっと気に入らないので、いろいろと設定を変えて試してみました。
結局、200dpiでカラー部分はフルカラー、記事は256諧調グレースケールに落ち着きました。
エッジ強調を+1してみたり、コントラスト+1など調整したところ、iPad上でそこそこ字がちっこい時でも読みやすくなりました。200dpiだとページ全体表示にしてねそこそこ読める感じです。
iPadの解像度が上がってほしいなぁと思ったりしてました。人間の欲望はキリがないですね。
200dpiだとスキャンもかなり短時間で終わるので快適快適。あと、原稿セットするときですが DR-150には全部のページはセットしきれないので、25枚とか30枚とか数えてセットすることにしました。あまり重送されることはなかったです。紙質のせいだと思いますが….
ちゃんと決めた枚数をセットすると、スキャン後のページ数で重送されたかどうがわかるので便利です。25枚だったら50ページスキャンできてればOKとか。
スクリーンショット(2011-05-23 21.21.15)
PDFで保存することにしたのですが、macの場合OS X標準の「プレビュー」でPDFファイルの編集、結合ができます。
名前がプレビューなのでみるだけだと思っていたら、今回みたいにカラーページとグレースケールページで2つのPDFにした場合でも1ファイルへ合体できるのです。すげぇ便利です。
というわけで、気が向いたらどんどん自炊していきたいと思います。雑誌とかコミックとか…コミックはもう茶けているのが多くて、また別のワザが必要な気がします。

PICマイコンの基礎(2)

『PICマイコンの基礎』の内容に従ってモノを作って実験してみようと思ってます。部品は秋月電子通商とストロベリーリナックスに注文しました。
秋月電子通商 – 電子部品・半導体 【通販・販売】
ストロベリー・リナックス
部品が届くまでボチボチと書籍を勉強中です。今まで回路図通りに機器を作っては壊しって感じで理論が分かってなかったんですが(お恥ずかしい)、この書籍はちゃんとLEDの駆動のためになんで抵抗器を入れるとか、リセットSWをVcc(+5v)にプルアップする理由とか、きちんと書かれていてたいへん勉強になります。
ユニバーサル基盤で組んでみようと思ってるんですが、心が折れたらサンハヤトのポジ感光基盤関係を揃えようかとも思ってます。でもなぁ…初期投資もかかりますけど、エッチング後の廃液とかもあるし、なんか躊躇してます。w

[アプリ]そら案内 for iOS

iPhone/iPadのユニバーサルアプリの天気予報ソフトです。
iPadでは広い画面を生かして美しい配置で表示してくれます。天気予報はある程度の範囲の地方ごとで今日、明日、明後日の予報や、週間天気予報、各種天気画像が表示できます。
また裏画面としてピンポイント予報(時間帯ごとの天気)も出せて、そちらは ある程度細かい範囲の予報が出せます。札幌市中央区..とかね。
どちらも複数地方を登録して置くことが可能なので、今日は楽天の試合が本拠地で!! という場合、天気の確認がらくちんですよ。(なんとも狭い利用範囲w)

そら案内 for iOS (Version 1.1.3) App
カテゴリ: 天気
価格: 無料
デベロッパ名: feedtailor Inc.
リリース日: 2011/02/14
対応デバイス: 全機種
現Ver.の平均評価: (3.0 / 106件の評価)
通算の平均評価: (3.5 / 451件の評価)
Game Center: 非対応
iPhone iPhone

[アプリ]GBScanner

書籍のISBNバーコードをカメラで読み取って、Google Booksの本棚へポンポン自動登録してくれるGBScannerを入れて見ました。自分の書籍管理をWeb上でできるかなと思って…
最初はなかなかバーコードが読み取られずコツをつかむまではiPad2では無理なんでは??とか思ったりしていました。カメラ画像のプレビューに枠がでるので、一生懸命枠にあわせていたんですが それだとiPad2のカメラと書籍が近すぎてピンぼけになっていた模様。ちょっと離し気味で撮影するとポンポンと自動認識して登録してくれます。
自動じゃなくて認識したところで手動登録もできる模様。
あと、Google BooksにISBNが登録されていない書籍は、自分のWeb上の書棚にも登録できません。
マンガとか、ムック(WEB+DB PRESS)とかは登録されていないことが多い模様。そのあたりはブクログの方が強いかも。
ブクログ用のソフトとしてISBNを読み取って登録してくれるソフトとかもあるみたいです。
そちらもそのうち試してみようかなぁ。ブクログのサービス自体、なんかピンとこなくて手を出してませんでした。

GBScanner (Version 1.1) App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥115
デベロッパ名: feedtailor Inc.
リリース日: 2010/08/30
対応デバイス: iPhone / iPad2Wifi / iPodTouchourthGen / iPhone-3GS / iPhone-3G / iPad23G / iPhone4
現Ver.の平均評価: (2.5 / 3件の評価)
通算の平均評価: (3.0 / 6件の評価)
Game Center: 非対応
iPhone iPhone