SBC8080 SUBボードへつなぐZ80 CPUボードの作成

Z80ブレッドボードマイコンで8251シリアルLSIが動いたので、次はユニバーサル基板で組んでみようと思います。
ただ、ちょっとズルをしてROM/RAMや8251はSBC8080のSUBボードを使ってみたい…

Z80 CPUボード回路の検討

Z80 CPUボードですが、SBC8080のSUBボードとつなぐことに特化した回路として検討してみました。
本来ならフラットケーブルにアドレスバス、データバスを直結せずバッファをつけるところだと思いますが….そのままいけるかなと。^^)
(ちなみにTwitterでいろいろと意見を頂いたり、実際に組んでみたら失敗に気づいたりしたところを直した版です…)

  • リセット回路は一般的なR/Cの回路にシュミットトリガインバータ(74HC14)を2つ接続しました。SBC8080 SUBボードへRESET(正論理)信号も出したかったので…
  • メモリーREAD/WRITE、I/O READ/WRITEは74HC32で構成しました。
  • クロックは水晶発振子を74HC04で発振させます。
  • SUBボードの8251からの割り込みはインバータ(74HC04)を通してZ80のINTつないでいます。
  • データバスは10kΩでプルアップしておいて、8251からの割り込みが来た時に RST 38h(0xff)が発動するようにしてます。(Twitterで教えていただきました。この対応をするとSBC8080用ソフトが無改造で動きます!!)

配線〜動かない

回路図通りに秋月Bタイプ両面ユニバーサル基板で回路を組みました。
配線は主にAWG28サイズのラッピングワイヤ(単芯)で実施。細いので取り回しがらくちんです。

各配線についてテスターで導通検査してZ80やロジックICを挿入し、作ったボードとSBC8080 SUBボードをフラットケーブルでつないでから電源をつないでみましたが動きませんでした。

  • 水晶発振子が50kHzぐらいしか発信しない
    • 写真をみていただくとロジックICが1つ少ないのですが….当初ロジックICをけちって74HC14で水晶発信できると思いこんで組んでました。これは失敗でテスターの周波数カウンタで確認したところ50kHzぐらいでしか発振してませんでした。74HC04へ変更しました。
  • リセット回路はやっぱシュミットトリガで….
    • こちらは必須ではなかったかもしれませんが、C/Rのリセット回路からZ80のリセット端子へつなぐところのインバータはシュミットトリガが良いと思いICを追加しました。

ここまで変更してみましたがどうも、シリアルコンソールにはうんともすんとも反応がありません。
ためしに、CPUボードをSBC8080へ戻すとちゃんと動きます。(あたりまえですが….)

ロジアナで波形を確認

データがフラットケーブル上流れているのかを見てみたくて、Analog Discovery 2のロジアナ機能で状況を観測してみました。

フラットケーブルは3階建てにするために秋月40pinフラットケーブルに1つ追加でコネクタを圧着していましたので、そこへロジアナ用のケーブルをブレットボードワイヤで中継して接続しました。
観測した波形はこんな感じでした。以外ちゃんとした波形が出ている雰囲気….

配線をいろいろといじっているうちに….発見

実はいろいろと試していると、ごくまれにシリアルコンソールにTinyBASICの起動メッセージが出ます。
いまいち発生条件がわからず….

これはノイズか接触不良か電源の関係でふらつき??、リセット回路がイマイチ?のあたりが原因と思って、SUBボードの電源配線を独立させて太い線へ変更したり、ラッピングワイヤ・ケーブルでジャンパして+5Vのラインを遠くのロジックICにつないでいるところを太いケーブルへ変更したりしていたところ….

40pinボックスヘッダにつないでいたアドレスバス A12のケーブルが外れました ….. orz

このケーブルを再度 しっかりとはんだ付けしたところ、SBC8080用TinyBASICがZ80 CPUで動きました!!

恒例の動作確認

最終的な基板の状態はこんな感じです。

というわけで恒例の動作確認です。最初はBASICで1から10まで足し算を….

続いて、8255基板経由で LEDチカチカ確認ボードのLEDを光らせてみます。
今回はSBC8080のモニターが持っている1ラインアセンブラ機能で確認しました。

LED点灯のためのASMソースはこんな感じです。(16進数に”h”とか付けないんですね…)

MVI A,80
OUT 83
MVI A,AA
OUT 81
RET

無事 Z80 CPUボードが稼働することが確認できました!!!

広告

SBC8080 SUBボードへつなぐZ80 CPUボードの作成」への3件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中