KZ80-CPUB Rev.1

以前 ユニバーサル基板で作った Z80 CPUボード(SBC8080バス直結) のプリント基板を起こしました。

githubにガーバーデータを含めたデータを公開しています。
また、オレンジピコさんでも基板を販売していただけることとなりました。

概要

  • SBC8080バスにつながる Z80 CPUボードです
    • ☆SBC8080との完全互換ではありません。
    • 外部リセット端子がつながってません
    • DMA関係の配線がされてません。(#BUSREQ/#BUSACK未配線や#IOR/W、#MEMR/WのHiZ未対応とか…)
  • 単体ではメモリー/ROM/シリアル等がありませんので、SBC8080 SUBルーズキット等と組み合わせてご使用下さい。

回路図について

  • 以前ユニバーサルボードで作成したときと回路は一緒です。プリント基板化に伴いバイパスコンデンサ、電源端子等も正しく書き加えました。

部品組み付けについて

  • 部品表はこちらに OpenOffice等の表計算ソフトデータとしてUPしてありますのでご覧ください。
  • Z80 CPUは CMOSタイプの Z84C0020PEC で動作確認しています。
  • ロジックICのインバータのみCMOSタイプ(74HC04 or 74HCU04)必須です。
  • 電解コンデンサは極性にご注意。(タンタルだと爆発の危険も…)

ソフトウェアについて

基板のデータ等

各種ライセンス等

  • girhubの方のライセンス文書にも書きましたが、MIT License のもとで公開します。

KiCADの回路図描きの練習から始めて、プリントパターンエディタの使い方の練習、オートルーターのセッティングなど色々とありましたので、今後じわじわとBLOGにまとめて行ければと思っています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中