KZ80-IOB REV1.1

KZ80-CPUB(CPUボード)や SBC8080 CPUルーズキットと組み合わせて動くI/O基板のREV1.1基板ができました。
githubで リリース1として固めました
https://github.com/kuninet/Z80_IOB/releases/tag/1

REV1.1基板の変更点

リリースノートにも書きましたが、以下のREV1基板の課題を修正しています。

  1. PPI(8255A)への入出力端子x2のポートA+C、ポートB+Cの組み合わせを修正しました。
    1. グループA : ポートA(PA7〜PA0)+ポートC(UPPER)(PC7〜PC4)
    2. グループB : ポートB(PB7〜PB0)+ポートC(LOWER)(PC3〜PC0)
  2. PPI(8255A)への入出力端子x2の物理配置間隔を修正、2×7ピンボックスヘッダを2つ並べて組み付け可能
  3. シリアル接続用L型 1×6ピンヘッダの端子説明シルク添付
  4. NOT回路用 トランジスタ(2SC1855)のランドパターン変更。
  5. ICのランドパターンと貫通ビアが接近部分修正。
  6. SBC8080バスの電源+5V、GNDの部分に電解コンデンサを装備。

部品実装例

部品実装例は以下になります。

広告

KZ80-IOB REV1.1」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: KZ80-YM2151 FM音源ボード – Kuninet Blog

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中